ブログ

相続人とは誰なのか

サザエさん一家

同業者からしたら当たり前のことですが、
一般の人は知らない人も多いはずです。
昔はサザエさんのような3世帯が一つ屋根の下に暮らすことが
当たり前でしたが、今は多様化しています。

独身貴族のおひとりさま
夫婦のように見えるけれども、入籍していない事実婚のカップル
結婚しているけれども子供がいない
同性婚カップル

個人的にはこの中に入っているので、
みんな違ってみんないい精神でいいじゃない、と思っています。

 

相続人とは

遺産を相続する人です。
誰が相続人にあたるかは、民法という法律で決められています。
一般的に、「配偶者と子供」が相続人になるイメージがあると思います。
じゃあ、子供がいなければ配偶者だけが相続人なの?と言われれば、
答えは「NO」です。

サザエさんの家庭で例えていきましょう。
亡くなった人(遺産を持っていた人)をサザエさんと設定します。

いれば必ず相続人 以下の順でどれか1グループだけが
相続人になりえる
配偶者(マスオさん) 1.子供(タラちゃん)
2.親(波平さん、フネさん)
3.兄弟姉妹(カツオ、ワカメ)

 

 

配偶者(マスオさん)

亡くなったサザエさんからみた、配偶者であるマスオさんは
必ず相続人になります。

サザエさんに離婚歴があり、前にも夫がいたとしても、
相続人になりえる配偶者は現配偶者である、マスオさんだけです。

 

子供(タラちゃん)

配偶者であるマスオさんと同時に相続人になる人です。
子供であるタラちゃん。
子供は、配偶者と違って現配偶者との子供だけに限られません。
サザエさんに離婚歴があって、前の夫との間に子供がいた場合、
その子供も相続人になります。
タラちゃんとは異父兄弟です。
おそらく顔も見たことがないでしょうが、
サザエさんの子供として、相続人になるのです。

また、この場合、タラちゃんは未成年ですので、
遺産分割協議をする場合には、特別代理人を立てなければいけません。
マスオさんとタラちゃんでサザエさんの遺産を分け合うことになるので、
利益相反行為となるからです。
利益相反行為とは、
未成年者であるタラちゃんの法定代理人はマスオさんですが、
遺産分割をする際には、
タラちゃんとマスオさんの間で利害関係が衝突する行為のことです。

そして相続人の子供には、養子縁組をした子供や、
認知をした婚外子(結婚していない男女の間の子供)も含まれます。
「認知」とは、法律上の親子関係ができることになるのです。

配偶者と子供は、いたら必ず相続人になります。

 

親(波平さん、フネさん)

タラちゃんという存在が、元々なかった場合のケースです。
マスオさんとサザエさんの間には子供はいなかった。
その状態で、サザエさんが亡くなったら、
相続人には、マスオさんと共に、波平さんとフネさんがなります。
「婿」と「お義父さん」「お義母さん」が相続人です。
先ほどの子供が相続人になる場合と違って、
血のつながりがない者同士が、相続人になるのです。

 

兄弟姉妹(カツオ、ワカメ)

タラちゃんの存在もなく、
波平さん、フネさんも他界していた場合、
相続人となる人には、兄弟姉妹が登場します。
カツオとワカメです。
法律用語では「兄弟姉妹」のことを
「けいていしまい」と読みます。
この場合、相続人は
マスオさん、カツオ、ワカメが相続人になります。

例え、サザエさんが独身で、タラちゃんもマスオさんもいない場合
配偶者はいないからといって
第2順位である親(波平さん、フネさん)と、
第3順位である兄弟姉妹(カツオ、ワカメ)が
同時に相続人になることはありません。

この場合でも、最初に親が相続人となり、
親がいない場合にだけ、兄弟姉妹が相続人になるのです。

 

マスオさんは婿養子なのか

「婿養子=マスオさん」ということがありますが、
マスオさんは、婿養子の設定ではないですね。
妻であるサザエさんの家に同居しているだけです。
その証拠にサザエさんの苗字は「磯野」ではなく「フグ田」です。

「婿養子」となるには、
波平さんフネさんと、マスオさんが
養子縁組(普通養子)の手続をする必要があります。

それによって何が変わるのか。
マスオさんは、自分の実親の相続権はもちろんのこと、
波平さんやフネさんの「子供」として
相続権を得ることになるのです。

波平さん、フネさんの相続人は、
子供であるサザエさん、カツオ、ワカメの3人がなりますが、
マスオさんが婿養子として普通養子縁組をしていた場合は、
この相続人に加わるということです。

ちなみに、特別養子縁組との違いはいくつかありますが、
大きな違いは、実親との親子関係がなくなるかどうかです。
普通養子縁組なら、実親との親子関係は残りますが(相続人になれる)、
特別養子縁組は、実親との親子関係がなくなります(相続人になれない)。

今は減ってきているのかもしれませんが、
普通養子縁組の目的は、養親の老後の扶養や遺産相続の後継者確保等、
「家」存続のためでした。
磯野家の場合、カツオという長男がいるのですから、
マスオさんが婿養子になるのは、もめる元になりそうですね。

どうでもいい話ですが、
カツオとワカメは
サザエさんとマスオさんの子供で、
タラちゃんとは兄弟だと昔は思っていました!

関連記事

ページ上部へ戻る