ブログ

話し上手と聞き上手

話し上手と聞き上手

どんな仕事であっても、話し上手、聞き上手にこしたことはないと思っています。
できれば、人を笑わせるようなおもしろい話ができればと、思いますし、
聞くときも、どんどん話してもらえるようなスタンスであれば、と思います。

先日、とある方のTwitterスペースを拝聴しました。
その方の話をヒントに、私の考えも交えながら今回は書いていきます。

 

私が話すときに、気を付けていること

話す際に、私自身が気を付けていることは、順序。
まずは外枠を話して、「これからこんな話しをしますよー」っと全体像を伝えます。
そのあと、それに沿って詳細を話していき、最後にまた全体像を話す。
詳細から話されると、相手は何の話をされるのか戸惑ってしまいますし、
何に重点をおいて話を聞いていいかわからない。
だから、ポイントをおさえて聞くことができない。

人は、長時間話を聞いていられません。
最初と最後しか覚えていないと言われます。
ですが、最初に要点を言うことで、相手が興味のある部分だけでも聞いてくれる態勢になります。
その部分だけでも、詳細は聞いてくれます。

「相手が何を聞きたいか」を考えて話すことが大切です。
私は、「難波の言うことは、なんでもいいから聞いていたい」なんて思われるような
徳の高い人間ではございません。
できるだけ、相手の知りたいことを端的に、わかりやすく話すことが大切だと思っています。
私が話したいことは、相手は求めていない。
相手が望むことを、私は話さなければならないのです。

余談ですが、私の夫は人の話を長時間聞いていられません。
長そうな話は、すぐに興味を失います。
ですので、私は要点だけかいつまんで、要領よく話さなければならないので、
このスキルが必須なのです(笑)

 

話し上手が聞き上手なのはどうして?

相手の話を聞いてそれをちゃんとかみ砕き、
うまく増幅させて、相手に話し返すからだと私は思っています。
相手は「ちゃんと私の話を聞いてくれたんだな」と思うわけです。
「話す」ことは相手がいてこそ成り立つものです。

 

仕事をしていく上で、相手からうまく聞き出すには

質問の仕方

例えば、
「今日はどうしたんですか?」と漠然と聞くのではなく
「今日は平日ですよね。お仕事はお休みですか?体調がすぐれないのですか?」と
相手が何から話してよいかわからないような質問からではなく、
Yes/Noで答えられることから、質問を始める。
人は、悩んでいるけど何が問題なのか、はっきりわかっていないこともあるわけです。
ナビゲーションしてあげることによって、明確にしてあげる。
聞く側も、ひとつひとつポイントをしぼれて理解しやすくなります。

その上で、「○○するにはどうしたらよいか」という質問を相手から得たならば、
その答えを話してあげるだけではなく、
どうしてそうしたいのか。そもそもそれをしなくても
別の解決策があるのではないか、と提案ができるとよいかもしれません。

 

リアクションをする

「話す」ことは、相手がいてこそ成り立つものだと書きました。
カメラに向かって話しているわけではないのです。
リアクションは大切です。
むしろリアクションが乏しいなら、カメラに向かって話している方がましです。
客観的に、自分の相手に対するリアクションが、どのようなものかはわかりませんが、
自分がされて嫌だったリアクションは避け、
逆に自分がされてうれしかったリアクションをすればよいのです。

 

相手の話をメモする

自分の話をしっかり聞いてくれている、とうれしくなると思います。
ですが「話しを録音しますね」と言われてしまうと
戸惑ってしまうのはなぜでしょうね。
言質を取られる感じになるからでしょうか。

 

最初に「今日はいろいろ聞きますが…」と言わない

Twitterスペースで話されていたことですが、なるほど、と思いました。
相手に最初から「今日はいろいろ質問しますね」と言ってしまうと
身構えられてしまいます。
ですが、いくつか質問してから
「今日こんな感じでいろいろ聞いていきますが、大丈夫ですか」と尋ねると
ハードルが下がって、相手が話しやすくなるそうです。
納得。

 

相手によりそう

自分の失敗談を話したりして、相手の立場によりそうことも大切。
相手は内心「こんなことを話して、バカだなと思われないかな」と不安になることがあります。
特に、相手が先生と呼ばれるような肩書がある人にはそう思いがちです。
だから自分も、いっしょだよ、と失敗談を話して相手と同じ位置に立ってみる。
そうすることで、相手は話しやすくなります。
また、相手が話してくれた失敗談には「誰でもあることですよ」と同調してみたり、
「言えないことは言わなくていいですよ」と相手の気持ちによりそう思いやりも
相手から話を聞き出すには、大切なポイントだと思います。

 

まとめ

人との会話ってむずかしいな、と思います。
話していて、不快な人だとは思われたくないものです。
ただ単におべっかを使えばよいというものでもありません。

ブログは、違います。
私が書きたいことを書いているだけです。(笑)
でも、もしここまで読んでくれた人がいたならば、大変ありがたいことです。
つれづれな文章を、ここまで読んでくれる人にとって、
私のブログにはどんな意味があるのでしょうね(‘ω’)

関連記事

ページ上部へ戻る