ブログ

共同生活援助(グループホーム)の要件

共同生活援助グループホーム

共同生活援助(グループホーム)とは

共同生活援助というサービスは、グループホームと呼ばれることが多いです。

どのようなサービスかざっくりというと、施設の運営者がお家を用意して、そこの1部屋1部屋で利用者が生活をするといったイメージです。

そこで主に夜間、日常生活に必要な援助を提供します。

日中は、就労継続支援B型事業所や、生活介助施設に通うケースが多いようです。

 

グループホームの事業形態

介護サービス包括型

共同生活援助グループホーム

グループホームの最もポピュラーなタイプです。

グループホーム内のサービスを事業所内の従業員ですべて行います。

報酬単価も、介護サービスをすべて行うため、外部サービス利用型より高くなります。

事業所に配置する人員は、世話人と生活支援員。

“世話人”…家事や体調管理、相談などの基本的な日常サービスを行います。

“生活支援員”…個別支援計画に基づき、家事や入浴、排せつなどの介護サービスを行う。

日中の利用者は、就労継続支援B型や生活介護施設に通うことが多いので、主に夜間の勤務体制になります。

 

日中サービス支援型

共同生活援助グループホーム

一般的なグループホームは、上記のような夜間を中心に支援を行いますが、こちらは日中帯も支援を行います。

重度障がい者や高齢の方の受け入れということで、平成30年に新設されました。

こちらは障害支援区分3以上の利用者であれば「日中サービス支援型共同生活援助サービス費」や「日中を当該共同生活住居以外で過ごす場合」の報酬単価を算定することになります。(区分1や2でも日中サービス支援型は利用可能です。)

 

外部サービス利用型

共同生活援助グループホーム

事業所内の人員ですべて支援を行う「介護サービス包括型」に対し、外部サービスに委託して支援を行うタイプです。

世話人の配置は必須ですが、生活支援員の配置は不要になります。

介護の部分は外部の居宅介護事業所に委託するからです。

そのため、報酬単価が、介護サービス包括型よりも低くなり、あまり普及していないサービスとなっています。

 

必要な人員配置

人員配置

管理者

施設全体の一元的な管理を行います。

サービス管理責任者が兼務することも多いです。

常勤である必要があります。

 

サービス管理責任者

利用者に対する責任者です。

利用者の個別支援計画の作成や、従業者に対する技術指導・サポート等を行います。

利用者が30人に対して1人必要です。

非常勤でも大丈夫です。

 

世話人

計画に基づき、利用者の食事の提供や掃除洗濯、健康管理、金銭服薬管理などの身の回りの世話を行います。

介護サービス包括型では利用者6人に対し1人、日中サービス支援型では利用者5人に対し1人の配置が必要です。

 

生活支援員

外部サービス利用型の場合は不要な人員です。

計画に基づき、利用者の食事の提供や入浴、排せつの介助などの支援を行います。

区分3の利用者9人に対し1人、

区分4の利用者6人に対し1人、

区分5の利用者4人に対し1人、

区分6の利用者2.5人に対し1人必要です。

※日中サービス支援型は世話人、生活支援員のうち1人は常勤であることが必須です。

 

夜間支援員

計画に基づき、夜間や深夜においての利用者の支援を行います。

利用者の状況に応じて、就寝準備の確認や、寝返り排せつ支援、緊急対応なども行います。

常勤の必要はありません。

 

必要な設備基準

共同生活援助グループホーム

 

設備 要件
居室 利用者の部屋。原則1居室1人。

特に必要と認められる場合は2人。

収納スペースを除き、7.43㎡が必要。

1つの居室をカーテンなどで仕切って2部屋とするのは不可。

居間、食堂 居間と食堂一つとすることも可。(不可とする指定権者もあり)

利用者と従業者が一同に会するのに十分な広さが必要。

浴室、洗面所、トイレ トイレの手洗いと、洗面所を兼用することは不可。

利用者の人数を考慮し、必要十分な数を設置する必要あり。

主たる事業所と従たる事業所

指定事業所の住居から30分圏内であれば、

複数の住居を含めて一事業所として運営できます。

この指定事業所を主たる事業所、30分圏内にある他の事業所を従たる事業所と呼びます。

例えば、主たる事業所として定員5名でスタートし、定員4名の従たる事業所を2か所追加すると、定員13名の事業所となります。

こうすることで、定員4名の事業所2か所は新たに指定申請を取る必要がないのです。

(変更届は必要ですが)

 

グループホームの一日の流れ

利用者 従業員
起床 朝食の準備、健康チェック、服薬管理、介助や身支度支援
朝食、身支度
出勤(就労継続支援B型や生活介護事業所などへ)
日中活動
就労継続支援B型、生活介護事業所
余暇活動
夕食準備や、ホームにいる利用者の日中支援
利用者帰宅 夕食の準備、健康チェック、食事や入浴等の介助、金銭や服薬管理
夕食、入浴、余暇活動
就寝

 

 

参考までに

群馬県高崎市のサイトに、「くらせ~る」というグループホームのガイドブックがありました。

こちらのサイトが参考になるかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る