ブログ

マイナンバーカードのQ&A続き

マイナンバーカードの疑問点

目次

前回に引き続き、マイナンバーカードの申請について、
出てきそうな疑問点と回答を書いていきます。

マイナンバーカードのQ&A

マイナンバーカードの受け取りについて

 

Q18.マイナンバーカードの交付申請を行うと、
一週間ほどで受け取りができる。

A18.いいえ
概ね1ヵ月で市区町村から、交付通知書(はがき)が自宅に届きます。
この交付通知書が届かないと交付場所に取りに行っても受け取れません。
ただし、交付通知書が届くまでの期間は、市区町村によって状況が異なります。

 

Q19.暗証番号は、マイナンバーカード交付窓口で設定することができる。

A19.はい
(1)署名用電子証明書用
e-Taxなどインターネットを使用した電子申告の際に使用します。
暗証番号は、英数字6文字以上 16 文字以下で設定できます
英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上が必要です。

(2)利用者証明用電子証明書用
住民票の写し等のコンビニ交付サービスやマイキーID設定を行う際に使用します。
暗証番号は数字4桁で設定できます

(3)住民基本台帳用
住所異動の手続きを行う窓口
(区役所戸籍住民課、総合支所税務住民課、仙台駅前サービスセンター)で
転入手続等に使用します。
暗証番号は数字4桁で設定できます

(4)券面事項入力補助用
新型コロナワクチン接種証明書アプリを利用する際に使用します。
暗証番号は数字4桁で設定できます
※(2)(3)(4)は同じ暗証番号を設定することもできます。

数字ばかりで4桁の暗証番号と、英数字を含めた6文字以上の暗証番号、
2つの設定が必要です。
受け取りに行く前に決めていった方が、スムーズに手続きがすみます。

 

Q20.申請者本人が病気、身体の障害その他のやむを得ない事情により、
交付場所に出向くことが難しい場合に限り、
代理人にカードの受け取りを委任することができる。

A20.はい

 

Q21.代理人へのマイナンバーカードの交付に当たっては、
本人の出頭が困難であることを証する書類
(診断書、本人の障害者手帳、本人が代理人の施設等に入所している事実を証する書類など)
が必要である。

A21.はい
代理人にマイナンバーカードを受け取りに行ってもらうには、
それなりの理由と証拠が必要になるわけです。

 

Q22.15歳未満の者は、
法定代理人がマイナンバーカードの交付申請を行う必要がある。
受け取りも法定代理人のみで可能である。

A22.いいえ
受け取りには、原則として申請者本人の同行が必要です。
ただし、未就学児童の場合や、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
法定代理人のみによる受領が可能な場合があるので、事前に確認してみましょう。

 

Q23.住民基本台帳カードは、
マイナンバーカードの受け取りの際に返納しなければならない。
なお、顔写真付きの住民基本台帳カードが有効である場合には、
窓口での本人確認書類として使用することができる。

A23.はい

 

その他

Q24.マイナンバーカードのICチップには、
税や年金などのプライバシー性の高い個人情報が記録されているため、
マイナンバーカードの管理には注意が必要である。

A24.いいえ
マイナンバーカードの管理には、注意が必要であることは間違いありませんが、
プライバシー性の高い情報はマイナンバーカードのICチップに入っていません。
税や年金などの情報は、各行政機関において分散して管理されているため、
仮にマイナンバーが他人に知られても芋づる式に個人情報が漏れることはありません。

 

Q25.一度申請したマイナンバーカードには、有効期限はない。

A25.いいえ
発行の日において、20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日まで。
20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日までが有効です。
※更新の場合を除く

 

Q26.電子証明書の有効期限は、
カード表面の電子証明書の有効期限欄には印字されている。

A26.いいえ
電子証明書の有効期限は、カード表面の電子証明書の有効期限欄には印字されておらず、
市区町村窓口で記入してもらうか、有効期限を確認の上、自身で記入する必要があります。
年齢に関わらず、発行から5回目の誕生日まで有効です。

 

Q27.コンビニで自動交付できる証明書の種類は、全国同じである。

A27.いいえ
コンビニ交付できる証明書は自治体によってまちまちです。
詳細はこちらのサイトからご確認ください。

ちなみに、東京都江戸川区では
・住民票の写し
・印鑑登録証明
・戸籍
・戸籍(本籍地)
・戸籍の附票
・戸籍の附票(本籍地)
が交付できます。

各種税証明や住民票記載事項証明は、

従来通り、自治体の窓口まで行く必要があります。

 

当事務所には「マイナンバーカード申請手続相談員」
がおります。

この「マイナンバーカード申請手続相談員」は、総務省から委託を受けて
マイナンバーカード交付申請の代理手続きを行う行政書士です。
(江戸川区のマイナンジャーキャンペーンの一環とは別の事業です。)

「マイナンバーカードを持ちたいけれど申請方法がわからない」
「証明写真の撮り方がわからない」
「スマートフォンを持っていない…」など
そんなお悩みをお持ちの皆様に代わって、
『マイナンバーカード申請手続相談員』が交付申請の代理手続を行います。
手続きはもちろん無料です。

必要書類はこちら2点です。

・個人番号通知書(QRコード付き)
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)

 

申し込みを希望する場合、こちらまでご連絡ください。

行政書士事務所なんば  難波知美
03-6823-4321
メールでのお問い合わせ

 

関連記事

ページ上部へ戻る