ブログ

マイナンバーカードを作って、マイナポイントをもらおう

マイナつぁん

マイナンバーカードを取得しよう、というブログを書きました。

マイナポイントがもらえますよ、と。

マイナポイントって何なの?と思われた方。

私も思っていました。

他のポイントと互換性があるの?使い勝手がいいの?と。

そのマイナポイントについて書いていきます。

 

マイナポイントとは何なのか?

「マイナポイント」自体は実態がありません。

マイナンバーカードにマイナポイントがついて、それをタッチしたら、お支払いができるわけではありません。

普段使っている電子マネーに、変換することができる「元」なのです。

ポイントが変換できるサービスはかなり豊富です。

例えば、

・nanacoポイント
・dポイント
・au PAY
・PayPayポイント
・楽天ポイント
など。

使い勝手はいいようですね。

 

実際申請してみよう

iPhoneから、PayPayポイントの申請をしてみましょう。

マイナポイントアプリから申請

マイナポイントアプリ

1.iPhoneのApp Storeより、「マイナポイントアプリ」をインストールして、アプリをひらきます↑。
↓「申込む」を選びます。

申し込み

 

2.ログインをするためにマイナンバーカードを読み取ります。

まず、マイナンバーカード受け取りのときに決めた4桁の暗証番号を入力。

ログイン

 

 

 

3.マイナンバーカードにスマホをのせて読み取ります。

↓黄色い☆の「はじめる」をタップ。

 

読み取れました。

読み取り成功

 

 

4.取得するポイント、今回は5000ポイント(=5000円分)を選択。

ポイント選択

 

 

「PayPay決済特典」と「PayPayチャージ特典」の違い

paypay選択

 

PayPayが2種類出てきます。

「PayPay決済特典」と「PayPayチャージ特典」です。

「PayPay決済特典」は、マイナポイント実施期間中に、2万円分のPayPay支払い(決済)をしないと、マイナポイントの5000円分はもらえません。

「PayPayチャージ特典」は、PayPayにチャージした時点でポイント分がもらえます。

ですので、実施期間中に2万円分もPayPayで買い物しなさそうであれば、チャージの方が確実です。

注意なのは、決済、チャージとも、その金額の25%分までしか一度にポイントがもらえない点です。

チャージした金額から1000円のPayPay支払い(決済)をすると、1000円の25%である250円分が付与されます。

チャージの場合も同じです。

チャージ金額が1000円だと、その時に付与されるマイナポイントは1000円の25%である,250円分しかつかないのです。

一気に5000円ポイント分をもらうならば、2万円をチャージしないといけないわけです。

 

5.PayPayのチャージ特典にしました。

paypay確認画面

 

6.決済サービスの情報の入力が求められます。

ここでつまずく場合も。

paypayアカウント

 

決済サービス情報の確認の方法

PayPayアプリを開き、マイナポイントをタップ。

PayPayのマイナポイント

 

「マイナポイントの特典を申し込む」をタップ

特典を申し込む

 

チャージでもらうを選択し、

 

右側の「決済サービスIDを使って申し込む」を選ぶと下に決済サービスIDとセキュリティコードが出てきます。

6.の画面でそれを入力し、自分の電話番号の下4桁も入力。

ID確認

 

7.申し込み内容の最終確認です。

申し込みサービス確認

 

8.利用規約に同意する

利用規約

 

9.申し込み完了!!

申し込み完了

 

10.申し込み状況の確認から、状況が確認できます。

申し込み状況確認

 

PayPayからの申し込みもできます。

もしかしたら、この方法の方が簡単かもしれません。

どちらにせよ、スマホに慣れていない人はやりづらいかな、といった印象です。

よくよく考えてみれば、私はあんまりPayPayを使わないので別のポイントにすればよかったなと思いました。

2万円分のチャージなんてするだろうか…。

チャージしたらしたで、PayPayを使えばいいんですけどね。

 

健康保険証としての利用申し込み

こちらの申し込みをすれば、7500ポイントが付与されます。

マイナンバーカードを持ち歩くのは、不安と思われている方。

マイナ保険証を申し込んだとしても、従来の保険証は使用できるのです。

しかも、今のところマイナ保険証を使った方が、初診料が9円高くなってしまいます。

なぜか、あまりメリットがありません。見直される予定ではあるそうですが。

だから、申し込んでポイントだけもらってしまうのも手です。

ゆくゆくは普通の保険証はなくなってしまうでしょう。

今のうちに、マイナ保険証を作っておくのが得策です。

 

マイナポイント第二弾

・マイナンバーカードの新規取得で5000ポイント(5000円分)
・健康保険証としての利用申し込みで7500ポイント(7500円分)
・公金受取口座の登録で7500ポイント(7500円分)

マイナポイントの申請は、2022年6月30日から2023年2月末まで。

このマイナポイント第二弾の申請に間に合わせるためのマイナンバーカードの申請は2022年9月末までとなっています。

ゆくゆくマイナンバーカードを作るのであれば、やはり今のうちに作っておいてもいいかもしれません。

あったらあったで絶対便利なはずです。

スマホがなくて申請ができないという方は当事務所までご連絡くださいね。

申し込みを希望する場合、こちらまでご連絡ください。

行政書士事務所なんば  難波知美
03-6823-4321
メールでのお問い合わせ

 

関連記事

ページ上部へ戻る